『会えない時間が愛を育てる』不安な気持ちを乗り越えるには?【コラム】

第1回

神 彩琳先生

皆様におかれましては、三密を避けるコロナの新生活も粗、定着したのではないでしょうか?これからも手の消毒、うがい、三密は避け、人との距離を取り、飛沫感染、空気感染を避けるためのマスクの着用だけは心掛け、新生活スタイルを保持しましょう。

コロナにおいては、日常生活の不便さは誰しも経験していることと存じますが、人との接触を避けるのが基本姿勢となると、当然、恋人同士の関わりにも大きな障害が生じることでしょう。

しかし、冷静に考えて見ましょう・・・こういうときだからこそ、好きな人との関係を深めるチャンスと捉えてみては如何でしょうか?愛する人に実際に逢って接触することだけが本当の愛でしょうか?どちらかが一方的に「逢いたい」とせがむことで、逆に相手が遠ざかってしまうことも少なくありません。遠距離恋愛で、年に何回しか逢えなくても結婚にまで至る人もいれば、目と鼻の近距離に住んでいても、相手から連絡もなく、こちらから連絡も出来ず、最も遠い存在に感じる人っておりますね。そこが恋愛の距離なのです。決して場所の遠近ではない、男女間だけに存在する距離というものなのです。即ち二人の関係の深浅を意味します。

現在、誰しも避けられない新型コロナウィルスにおける三密を避ける新スタイル生活ですが、しかし、最近はそれを逆手に利用したズームデートやズーム結婚まであります。ある意味、このコロナがオンライン活用の範囲の広さを教えてくれる機会にもなりましたね。LINEやインスタグラムなどでも逢わずにデートはいくらでも出来ます。

愛する人から電話やメッセージを貰うと愛を感じ、とても安心するように、心の繋がりは接触する以上に強い絆を感じ、二人の関係性の深さを意味します。ですので、この時期は三密を心配して逢うよりも、安心なズーム活用等で、是非、お二人の関係を深めてみては如何でしょうか?

神 彩琳先生のメール鑑定、通常価格:3,000円+税が

一律2,400円+税

今すく鑑定を申し込む


今すぐ無料会員登録